静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

公開日:  更新日:

 芸能評論家の比留間正明氏は、同じく芸能人2世でモデルの杏(32)と比較し、「情報をすべて出し切った感がある」と指摘する。杏は10代の頃は女性誌「non―no」(集英社)の専属モデルからキャリアをスタートし、パリコレでも活躍。乳首が透けるシースルーのワンピースも辞さない“モデル魂”を見せていた。デビュー当初は「渡辺杏」で活動したものの、父が渡辺謙であることは明かさず、後に名字を外し「杏」に改名している。

「その後の展開がないのが疑問。こんなビッグネームなら事前に何かしらの広告やテレビ出演などが決まっていることがほとんど。雑誌発売からこれまでの間にオファーがあってもいいし、作曲の才能でCMソングで関わることもできるはず。それがないとすれば、すでに全部情報を出し切ったと考えざるを得ない。デビューに関しても母親の工藤静香主導。父親の木村拓哉からは何の発信もないところから察するに、ジャニーズ事務所も良く思っていない。今後の親子共演も難しそうなだけに伸びしろに欠けます」(前出の肥留間氏)

 周囲のおせっかいな雑音を一蹴する活躍はできるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る