カンヌ受賞の是枝氏 次回作が“オールフランス”体制の理由

公開日:

 第71回カンヌ国際映画祭で「万引き家族」が最高賞のパルムドールを受賞した是枝裕和監督(56)の新作が、母と娘の確執を描く日仏合作映画「ラ・ヴェリテ(仮)」(2019年公開予定)に決定した。

 同作は是枝監督が15年ほど前に書いた脚本を下敷きにし、フランスを舞台に書き直されたもの。映画界のスター女優である母親と、母親の才能に嫉妬し女優にならなかった娘の物語で、主演は仏の大女優カトリーヌ・ドヌーブ(74)。娘役はジュリエット・ビノシュ(54)。娘の夫をイーサン・ホーク(47)が演じるほか、リュディビーヌ・サニエ(39)らそうそうたる映画スターが顔を揃えている。

 10月からフランスで2カ月間の撮影を予定。現在、現地でロケハンなど準備を進めているというが、中身はバリバリのフランス映画になりそうだという。

■リリー、樹木ら“是枝組”は不参加

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る