カンヌ受賞の是枝氏 次回作が“オールフランス”体制の理由

公開日: 更新日:

 第71回カンヌ国際映画祭で「万引き家族」が最高賞のパルムドールを受賞した是枝裕和監督(56)の新作が、母と娘の確執を描く日仏合作映画「ラ・ヴェリテ(仮)」(2019年公開予定)に決定した。

 同作は是枝監督が15年ほど前に書いた脚本を下敷きにし、フランスを舞台に書き直されたもの。映画界のスター女優である母親と、母親の才能に嫉妬し女優にならなかった娘の物語で、主演は仏の大女優カトリーヌ・ドヌーブ(74)。娘役はジュリエット・ビノシュ(54)。娘の夫をイーサン・ホーク(47)が演じるほか、リュディビーヌ・サニエ(39)らそうそうたる映画スターが顔を揃えている。

 10月からフランスで2カ月間の撮影を予定。現在、現地でロケハンなど準備を進めているというが、中身はバリバリのフランス映画になりそうだという。

■リリー、樹木ら“是枝組”は不参加

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る