厳しい意見も 綾野剛「ハゲタカ」がNHK版を超えるには?

公開日:

 綾野剛の主演ドラマ「ハゲタカ」が初回視聴率11.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と幸先よいスタートを切った。脇を渡部篤郎、小林薫、沢尻エリカら大物俳優でズラリと固め、「相棒」シリーズの和泉聖治を監督に配して臨んだ必勝態勢が結果を残した格好だ。

 しかし、数字とは裏腹に厳しい意見も多かった。その多くは「ドラマ自体はすごく面白かったんだけど」と評価をしつつも、07年にNHKで放送された同名ドラマと比較して「演技がわざとらしい」「リアリティーが足りない」という演出への不満。中には「名作との評価が高いNHK版への冒涜」という批判までも。「顔ドアップの多用や音響など、大ヒットドラマ『半沢直樹』をパクっているようだった」という声もあった。

「NHK版は名作と言われましたが、視聴率的には全話平均で8%以下。もっと高みを目指すテレビ朝日としては、NHK版を超えるインパクトがほしい。それが過剰ともいえそうな演出につながったのでしょうが、これは攻めの姿勢として評価できる。問題はむしろ、綾野剛のキャスティングへの評価でしょう」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る