小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

弁護士・菅野朋子氏に共感 思慮深さと分かりやすさが魅力

公開日:

診断結果は…【良】

 まさにワイドショー向きの分かりやすいキャラクターで、連日各局の情報番組を賑わせてきた日本ボクシング連盟の山根明会長。8日の記者会見で辞任を発表したが、前日の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)で菅野朋子が「まともな会見になるとは思わない」と言っていた通りの展開になった。会長サイドは「記者会見」と言わずに「声明発表」との位置づけで「辞任」を明言したのはいいが、会長辞任なのか、理事を含め全役職を辞めるのか、はっきりしなかった。番組では理事の半数の賛成で可決できる解任をするのか、理事30人に47都道府県代表を含めた人数の3分の2が必要な除名にするのかも話題になった。「基本的には解任を目指すのだろうが、3分の2はどうなのか」とコメント。多くの関係者が山根会長の呪縛から解き放たれるのは容易ではないと感じていたので、うなずきながら聞いていた。

 94年立教大学社会学部卒。東大法科大学院在学中に出産・離婚という事態に直面しながら、司法試験に合格している。高校時代はイジメも経験した。そんな経歴が想像力や創造力、共感力を磨いたのか、思慮深さと分かりやすさが魅力だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  7. 7

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  8. 8

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  9. 9

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  10. 10

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

もっと見る