小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

弁護士・菅野朋子氏に共感 思慮深さと分かりやすさが魅力

公開日:

診断結果は…【良】

 まさにワイドショー向きの分かりやすいキャラクターで、連日各局の情報番組を賑わせてきた日本ボクシング連盟の山根明会長。8日の記者会見で辞任を発表したが、前日の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)で菅野朋子が「まともな会見になるとは思わない」と言っていた通りの展開になった。会長サイドは「記者会見」と言わずに「声明発表」との位置づけで「辞任」を明言したのはいいが、会長辞任なのか、理事を含め全役職を辞めるのか、はっきりしなかった。番組では理事の半数の賛成で可決できる解任をするのか、理事30人に47都道府県代表を含めた人数の3分の2が必要な除名にするのかも話題になった。「基本的には解任を目指すのだろうが、3分の2はどうなのか」とコメント。多くの関係者が山根会長の呪縛から解き放たれるのは容易ではないと感じていたので、うなずきながら聞いていた。

 94年立教大学社会学部卒。東大法科大学院在学中に出産・離婚という事態に直面しながら、司法試験に合格している。高校時代はイジメも経験した。そんな経歴が想像力や創造力、共感力を磨いたのか、思慮深さと分かりやすさが魅力だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る