• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

フジ三宅正治アナ 得意分野は切れ味鋭いが政局関連は緩い

診断結果は…【不可】

 フジテレビ系「めざましテレビ」のMC三宅正治の肩書はアナウンス室専任部長。「管理職がなんで局の朝の看板情報番組を」と首をひねる向きもあろう。1985年の入局以来、三宅は中央競馬やプロ野球中継、「すぽると」などのスポーツ番組に一貫して関わってきた。12年4月から「めざまし」を担当するようになったのは、NHK出身の大塚範一が病気休養という緊急事態が発生したためだった。

 この4月で7年目。10日は財務省近畿財務局が森友学園側にゴミ撤去に関する口裏合わせを依頼した問題での国会質疑VTR、朝刊各紙の報道内容を局アナが伝えた後、こうコメント。

「(文書の)改ざんだけではなく、口裏合わせまで(要請)していたとなると財務省のモラルはどうなっているのか。8億円の値引き(自体)も疑われる」とまっとうだが、安倍首相への言及がないのは“忖度(そんたく)”なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「安倍3選」という「終わりの始まり」<中>

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る