舞台復帰の中村福助「芸には厳しいが人には優しい」を象徴

公開日: 更新日:

 7月、8月の歌舞伎座は若手が中心で新作も多かったせいもあり、古典が多く、吉右衛門がしっかりつとめる今月は、久しぶりに歌舞伎らしい歌舞伎を見た気分になる。

 話題は中村福助の5年ぶりの復帰だ。「祇園祭礼信仰記 金閣寺」のラスト近くに、慶寿院尼の役で出た。座ったままで、3つのセリフを言うだけだが、場内はわれんばかりの拍手だった。福助は14年3月に中村歌右衛門を七代目として襲名することになっていたが、その前の13年11月の公演途中で降板し、以後、公の場には出ていなかった。当然、歌右衛門襲名は延期となったままだ。

 歌舞伎が他の演劇と違うのが、「芸には厳しいが、ひとにはやさしい」というところだ。若手や中堅世代が主役に抜擢された場合は、父や先輩と比較して芸の未熟さが指摘される。それでいて、病気やけがから復帰した役者には、その状態が万全ではなくても、演技がどうであれ、復帰したことが評価される。大幹部の子や孫の初舞台を、立っているだけなのに拍手喝采するのも、近代以降の演劇論・演技論では説明できない。少なくとも、新劇ではありえない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  5. 5

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  6. 6

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  7. 7

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    全日本5回戦で高校生に完敗 平野に問われる五輪代表の資質

  10. 10

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る