舞台復帰の中村福助「芸には厳しいが人には優しい」を象徴

公開日:

 7月、8月の歌舞伎座は若手が中心で新作も多かったせいもあり、古典が多く、吉右衛門がしっかりつとめる今月は、久しぶりに歌舞伎らしい歌舞伎を見た気分になる。

 話題は中村福助の5年ぶりの復帰だ。「祇園祭礼信仰記 金閣寺」のラスト近くに、慶寿院尼の役で出た。座ったままで、3つのセリフを言うだけだが、場内はわれんばかりの拍手だった。福助は14年3月に中村歌右衛門を七代目として襲名することになっていたが、その前の13年11月の公演途中で降板し、以後、公の場には出ていなかった。当然、歌右衛門襲名は延期となったままだ。

 歌舞伎が他の演劇と違うのが、「芸には厳しいが、ひとにはやさしい」というところだ。若手や中堅世代が主役に抜擢された場合は、父や先輩と比較して芸の未熟さが指摘される。それでいて、病気やけがから復帰した役者には、その状態が万全ではなくても、演技がどうであれ、復帰したことが評価される。大幹部の子や孫の初舞台を、立っているだけなのに拍手喝采するのも、近代以降の演劇論・演技論では説明できない。少なくとも、新劇ではありえない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る