• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

有働アナ嵐の船出…“指名”のサブキャスターがセクハラ降板

「青山氏は外報部出身で異例の出世を遂げた人物。自分で取材をするし、ワシントン支局時代はスクープも多く、社内評価も高かった。政治部では安倍首相とも懇意にしており局的には政界に顔が利くところも同番組に適任と考えていたようです」(日本テレビ関係者)

■「不幸中の幸い」という声も

 出はなをくじかれた格好の有働だが、芸能評論家の肥留間正明氏がこう言う。

「有働さんは間一髪で救われたといってもいいのでは。青山氏の件は、TOKIOの山口達也と同じでメディアの人間が一番やってはいけないこと。もしもこれが薬物等で酩酊させていたら懲戒免職処分ものでしょう。これが放送開始後に発覚したとなれば、有働さんのこれまでの華々しいキャリアに傷がつくところ。不幸中の幸いです。フジテレビなら不倫騒動を起こした渡辺和洋アナのように、主婦向け番組に返り咲いている人もいますが、日本テレビは銀座のクラブで働いていたことを理由に笹崎里菜アナを内定取り消しにしたくらいの厳しさがあります。もうテレビで青山氏の顔は見られないでしょう」

 早くも孤軍奮闘を強いられることになった有働。新番組は嵐の船出となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る