• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イベントでは質問NG…りゅうちぇる発“タトゥー論争”の行方

「ごめんなさい」

 満面の笑みから一転、申し訳なさそうにこう囁いたのはタレントのりゅうちぇる(22)。6日に行われた「SUUMO」アドトラック出発式の囲み取材での発言である。報道陣から世間が関心を寄せている入れ墨(タトゥー)に関する質問が出るとすぐさま周囲のスタッフがバッテンのジェスチャー。「イベントに関係のない質問は……」と制止が入ったため謝ったというわけだ。この日は企業のPRイベントだけに、ゲストタレントが何でもかんでも自由気ままに話すわけにもいかないだろう。だが、苦しい表情を浮かべるりゅうちぇるの胸の内は複雑だったに違いない。

 もっかタトゥー論争の渦中にいる男である。8月中旬に自身のインスタグラムで妻ぺこ(23)と長男リンクくんの名前とイラストを刻んだ両肩のタトゥーを公表すると“大炎上”。後日改めて〈こんなに偏見のある社会どうなんだろう。仕方ないよね。ではなく、僕は変えていきたい〉と思いの丈をつづったのだが、入れ墨を巡って論争に発展。朝日新聞が取り上げただけでなく、芸能界ではダウンタウンの松本人志(54)やおぎやはぎの矢作兼(46)らがゾクゾクと持論を展開。SNS上でも擁護したり、批判・偏見も致し方ないといった意見など賛否両論が巻き起こっているのだ。作家の麻生千晶氏は「あくまで個人的な意見ですが」と前置きした上で、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「安倍3選」という「終わりの始まり」<中>

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る