二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

樹木希林さんの一喝で変わった 女性誌の母子2ショット報道

公開日: 更新日:

 名脇役女優として無類の存在感で演劇界を牽引してきた樹木希林さん(享年75)が亡くなって間もなく2週間。いまだにその足跡を称える声は後を絶たない。「誰もマネできない名演技」といわれる「女優の顔」と、数々の名言で知られる「人間・樹木さんの顔」が人々の心に強く残っている。

 樹木さんは仕事とプライベートを分けず、全てをさらけ出してきた。主演クラスの女優は「私生活を隠すことによって神秘性を増す」のとは対照的だが、脇役としての心得だったのかもしれない。

 家具や衣服など古いものを愛用する「倹約家」としても知られていたが、仕事も事務所に所属せず、マネジャーもなし。自分で全てを処理してきた。必然的に取材も自分で対応。別居中の内田裕也(78)が女性問題などを起こすたびにメディアは樹木さん宅を訪ねた。直接関係ないとはいえ、「何か話をしてくれる」というメディアの期待に応えてくれる人だった。1階にあるリビングルームはいつの間にか即席会見場。雄弁に語る言葉は聞き入るほど説得力があり、「いい話だった」とメディアの間でも勉強になっていた。それは法事の際、僧侶が話す「説法」にも似ていた。実際、樹木さんは宗教家としての顔も持っていた。〈誰かに頼むと、その人の人生に責任を持てないから〉など数々の名言は僧侶の説法にも似ている。晩年の自らの死生観もしかり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

  3. 3

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  6. 6

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  7. 7

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  8. 8

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    GW渡航先1番人気は「韓国」…嫌韓派の歯ぎしりが聞こえる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る