淫行疑惑のバナナマン日村 事態収束に残された“唯一の道”

公開日: 更新日:

 えっ、また! と思ってしまったのは、その前週にジャーニーズタレントの“ベッド写真”が立て続けに写真誌に掲載されたからだが、《16歳少女との淫行》という、表紙に打たれた衝撃的なタイトルが目を引いたのは「FRIDAY」(10月5日号)。バナナマン日村勇紀(46)が16年前に、当時16歳の少女と関係を持ったというのだ。

 その女性が告発しているわけだが、なにせ16年も前の話で、日村本人も、よく覚えてないという。

 それでも日村は、同誌に、《16年前のこととはいえ、自覚が足りない行動を取ってしまったことに対し反省しております。相手の方が21歳であると名乗り、その後16歳と訂正したことも正直なところよく覚えておりません。相手の方を深く傷つけてしまったことは大変申し訳なく思っております。今後はきちんと襟を正し、一生懸命仕事に取り組んでいきますので、これからもどうぞよろしくお願い致します》と謝罪コメントを寄せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  5. 5

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  6. 6

    民主党政権にも及ばなかった「戦後最長の景気拡大」の嘘

  7. 7

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

  8. 8

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    レバノンがゴーンを引き渡す日…経済危機とコロナで混迷

もっと見る