桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

有働、マツコ…売れっ子4人いる事務所の収入は何十億円?

公開日:  更新日:

 10日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)に元NHKの有働由美子が出演した。ふかわりょうが夏休みのため、代打のMCとして登場し、古巣NHKとMXの違いには終始、戸惑っていた。ペニスだのアナルだの後背位だのと飛び交う言葉にアタフタ、「その3文字は放送法では大丈夫なんですね?……MXさんもちゃんとテレビ局の放送法の下にあるんですもんね」と恐る恐る確認するありさま。お堅いNHKからユルいMXへ来て下ネタの洗礼を浴びた。

 10月から「news zero」(日本テレビ系)のMCになる有働がなぜこんな番組に。10月からは当分真面目にやらなきゃいけないから、その前に思いっきりはじけようということか。この日は同じ事務所のマツコ・デラックスもいて、「化粧が上手。つけまつげを取ったらオオサンショウウオ」などからかわれた揚げ句、「あなたはもう叩かれる人になったんですよ。これまでは団体職員として、地味界のスター。それがフリーになって『大枚稼ぐ嫌な女』っていうふうに一気に変わったのよ」と有働に言い聞かせる。まるで2丁目のママと悩めるキャリアウーマンみたい。そんな2人のやりとりが抜群に面白かった。ジャーナリスト志望で10月からは念願のメインキャスターだが、視聴者は肩肘を張ってニュースを読む有働よりこんな有働を求めているはず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る