桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

有働、マツコ…売れっ子4人いる事務所の収入は何十億円?

公開日:  更新日:

 10日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)に元NHKの有働由美子が出演した。ふかわりょうが夏休みのため、代打のMCとして登場し、古巣NHKとMXの違いには終始、戸惑っていた。ペニスだのアナルだの後背位だのと飛び交う言葉にアタフタ、「その3文字は放送法では大丈夫なんですね?……MXさんもちゃんとテレビ局の放送法の下にあるんですもんね」と恐る恐る確認するありさま。お堅いNHKからユルいMXへ来て下ネタの洗礼を浴びた。

 10月から「news zero」(日本テレビ系)のMCになる有働がなぜこんな番組に。10月からは当分真面目にやらなきゃいけないから、その前に思いっきりはじけようということか。この日は同じ事務所のマツコ・デラックスもいて、「化粧が上手。つけまつげを取ったらオオサンショウウオ」などからかわれた揚げ句、「あなたはもう叩かれる人になったんですよ。これまでは団体職員として、地味界のスター。それがフリーになって『大枚稼ぐ嫌な女』っていうふうに一気に変わったのよ」と有働に言い聞かせる。まるで2丁目のママと悩めるキャリアウーマンみたい。そんな2人のやりとりが抜群に面白かった。ジャーナリスト志望で10月からは念願のメインキャスターだが、視聴者は肩肘を張ってニュースを読む有働よりこんな有働を求めているはず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る