城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

カイヤと離婚渦中…川﨑麻世が20年前から漏らしていた本音

公開日:

 川﨑麻世(55)とカイヤ(56)の離婚裁判がワイドショーでさんざん取り上げられている。

 14年を越える別居生活も普通ではないが、時折仕事でふたり揃って登場してきて、別居や相方の“浮気疑惑”をネタに、まるで夫婦漫才のようなやりとりをするのも普通ではなかった。僕は、彼らが別居する前からだから、20年近く川﨑と付き合いがあり、別居前から彼の“グチ”を耳にしていた。

 結論から言うと、日米の文化や考え方の違いが破局の根っこにあると思う。

 例えば、「今日はドラマのプロデューサーやディレクターと仕事の話で食事会がある」と彼が言うと、「じゃあ、私も行く」と彼女が言い出す。「仕事だから」と断ると、「なぜ私が行くと悪いのか。アメリカでは妻同伴が当たり前」と怒ってしまう。説明してもその10倍くらい反論されてしまうらしい。僕と飲んだこともあったが、カイヤから電話がかかってきて、「アンタ、どこいるの」と怒鳴る声がこちらまで聞こえてきたものだ。「芸能リポーターと取材で話を……」と説明しながら、こちらに手を振って、そのまま帰ってしまったこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る