城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

カイヤと離婚渦中…川﨑麻世が20年前から漏らしていた本音

公開日: 更新日:

 川﨑麻世(55)とカイヤ(56)の離婚裁判がワイドショーでさんざん取り上げられている。

 14年を越える別居生活も普通ではないが、時折仕事でふたり揃って登場してきて、別居や相方の“浮気疑惑”をネタに、まるで夫婦漫才のようなやりとりをするのも普通ではなかった。僕は、彼らが別居する前からだから、20年近く川﨑と付き合いがあり、別居前から彼の“グチ”を耳にしていた。

 結論から言うと、日米の文化や考え方の違いが破局の根っこにあると思う。

 例えば、「今日はドラマのプロデューサーやディレクターと仕事の話で食事会がある」と彼が言うと、「じゃあ、私も行く」と彼女が言い出す。「仕事だから」と断ると、「なぜ私が行くと悪いのか。アメリカでは妻同伴が当たり前」と怒ってしまう。説明してもその10倍くらい反論されてしまうらしい。僕と飲んだこともあったが、カイヤから電話がかかってきて、「アンタ、どこいるの」と怒鳴る声がこちらまで聞こえてきたものだ。「芸能リポーターと取材で話を……」と説明しながら、こちらに手を振って、そのまま帰ってしまったこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る