モノマネ芸人・らりるRIE 水道止められ雪をなめた極貧時代

公開日: 更新日:

 滝沢カレンのソックリさんとして注目の、らりるRIEさん(34)。顔マネを始める前は俳優の年上男性のために、山梨でバイトと節約と質屋通いの極貧暮らしで……。

  ◇  ◇  ◇

 両親は歯科医師として熊本で開業医、兄も歯科医師として大学病院に勤務していて、私は熊本から上京して大学を出るまでは何不自由ない生活でした。でも、卒業後、突然貧乏に! 

 まずアルバイトしながら女優業を始めたのですが、23歳の時に10歳上の舞台俳優と付き合い始めて。その人はアルバイトはやってなくて無収入。私はその人に惚れ込んでしまって女優を辞めて彼の俳優活動を支えようと決めたんです。

「俳優として磨きをかけるために、山梨から俳優の仕事に通うのがベストだ」というので、私は何も疑わず、その人の地元の山梨へ一緒に引っ越しました。親は反対したけど、若かったし、周りが見えなくなり、親と縁を切ってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る