ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

公開日: 更新日:

 1995年に日本人初のミドル級世界王者に輝き、その後、バラエティーでも活躍する元プロボクサー・竹原慎二さん。上京から世界を取るまでの苦労を、こわもてのイメージ通り、低い声で話してくれた……。

  ◇  ◇  ◇

 今でも覚えてるけど上京したのは88年の9月9日。まだ16歳で、大田区の家賃2万3000円のフロなしアパートに住んでました。広島の実家がクソボロいアパートだったから、当時は苦労とは思ってなかった。

 昼間は内装会社で朝8時から夕方5時まで働いて、夜はボクシングの練習って生活でした。手取り15万円くらいだったけど、上京した時に5万円くらいしか持ってなかったから、1カ月もしないうちに、社長に3万円の前借りをお願いして。

 金がないのは、土日に遊びたくても友達もいなかったからパチンコにつぎ込んで、勝ってもまたパチンコに使っちゃうんで(笑い)。毎月給料日の10日前からは大変で、19歳くらいまでは、いつも金がなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る