ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

公開日: 更新日:

 1995年に日本人初のミドル級世界王者に輝き、その後、バラエティーでも活躍する元プロボクサー・竹原慎二さん。上京から世界を取るまでの苦労を、こわもてのイメージ通り、低い声で話してくれた……。

  ◇  ◇  ◇

 今でも覚えてるけど上京したのは88年の9月9日。まだ16歳で、大田区の家賃2万3000円のフロなしアパートに住んでました。広島の実家がクソボロいアパートだったから、当時は苦労とは思ってなかった。

 昼間は内装会社で朝8時から夕方5時まで働いて、夜はボクシングの練習って生活でした。手取り15万円くらいだったけど、上京した時に5万円くらいしか持ってなかったから、1カ月もしないうちに、社長に3万円の前借りをお願いして。

 金がないのは、土日に遊びたくても友達もいなかったからパチンコにつぎ込んで、勝ってもまたパチンコに使っちゃうんで(笑い)。毎月給料日の10日前からは大変で、19歳くらいまでは、いつも金がなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る