• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

 1995年に日本人初のミドル級世界王者に輝き、その後、バラエティーでも活躍する元プロボクサー・竹原慎二さん。上京から世界を取るまでの苦労を、こわもてのイメージ通り、低い声で話してくれた……。

  ◇  ◇  ◇

 今でも覚えてるけど上京したのは88年の9月9日。まだ16歳で、大田区の家賃2万3000円のフロなしアパートに住んでました。広島の実家がクソボロいアパートだったから、当時は苦労とは思ってなかった。

 昼間は内装会社で朝8時から夕方5時まで働いて、夜はボクシングの練習って生活でした。手取り15万円くらいだったけど、上京した時に5万円くらいしか持ってなかったから、1カ月もしないうちに、社長に3万円の前借りをお願いして。

 金がないのは、土日に遊びたくても友達もいなかったからパチンコにつぎ込んで、勝ってもまたパチンコに使っちゃうんで(笑い)。毎月給料日の10日前からは大変で、19歳くらいまでは、いつも金がなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る