実体験から薬物問題を映画化 俳優・内谷正文の型破り人生

公開日:

 テレビ、映画、舞台などで活躍する俳優・内谷正文(48)が初監督した映画「まっ白の闇」が新宿K’sシネマで始まった(9日まで)。

 自らの体験をもとに薬物依存の怖さと自立への道を描いた作品で、薬物依存の兄の影響で興味半分から大麻に手を出し、覚醒剤中毒へと転落していく弟と家族の地獄のような日々が赤裸々に描かれている。

「映画に出てくる兄弟は実際の私と弟が投影されています。私は高校生の頃に暴走族をつくり、裏ルートから入手した大麻を吸ったり、暴力団との抗争で新聞ダネになるような絵に描いたようなワル。33歳で断ち切るまで薬物に依存していたのも事実です。そんな私の影響で3歳下の弟が27歳で重度の薬物依存症になったのはショックでした。それがきっかけで、自分が依存症から立ち直ったのは皮肉でしたね」

 内谷監督は神奈川出身。22歳で文学座研修所に入り俳優修業。同期に内野聖陽、寺島しのぶがいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る