実体験から薬物問題を映画化 俳優・内谷正文の型破り人生

公開日: 更新日:

 テレビ、映画、舞台などで活躍する俳優・内谷正文(48)が初監督した映画「まっ白の闇」が新宿K’sシネマで始まった(9日まで)。

 自らの体験をもとに薬物依存の怖さと自立への道を描いた作品で、薬物依存の兄の影響で興味半分から大麻に手を出し、覚醒剤中毒へと転落していく弟と家族の地獄のような日々が赤裸々に描かれている。

「映画に出てくる兄弟は実際の私と弟が投影されています。私は高校生の頃に暴走族をつくり、裏ルートから入手した大麻を吸ったり、暴力団との抗争で新聞ダネになるような絵に描いたようなワル。33歳で断ち切るまで薬物に依存していたのも事実です。そんな私の影響で3歳下の弟が27歳で重度の薬物依存症になったのはショックでした。それがきっかけで、自分が依存症から立ち直ったのは皮肉でしたね」

 内谷監督は神奈川出身。22歳で文学座研修所に入り俳優修業。同期に内野聖陽、寺島しのぶがいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る