実体験から薬物問題を映画化 俳優・内谷正文の型破り人生

公開日: 更新日:

 テレビ、映画、舞台などで活躍する俳優・内谷正文(48)が初監督した映画「まっ白の闇」が新宿K’sシネマで始まった(9日まで)。

 自らの体験をもとに薬物依存の怖さと自立への道を描いた作品で、薬物依存の兄の影響で興味半分から大麻に手を出し、覚醒剤中毒へと転落していく弟と家族の地獄のような日々が赤裸々に描かれている。

「映画に出てくる兄弟は実際の私と弟が投影されています。私は高校生の頃に暴走族をつくり、裏ルートから入手した大麻を吸ったり、暴力団との抗争で新聞ダネになるような絵に描いたようなワル。33歳で断ち切るまで薬物に依存していたのも事実です。そんな私の影響で3歳下の弟が27歳で重度の薬物依存症になったのはショックでした。それがきっかけで、自分が依存症から立ち直ったのは皮肉でしたね」

 内谷監督は神奈川出身。22歳で文学座研修所に入り俳優修業。同期に内野聖陽、寺島しのぶがいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る