二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

続くのは小栗旬? 真田広之が切り開いたハリウッドへの道

公開日: 更新日:

 水泳の金メダリスト・岩崎恭子(40)が元ラガーマンとの離婚を発表。別居中に50代の男性との不倫関係も認めた。写真誌で不倫を報じられているとはいえ、アスリートらしい潔さだが、「現在、スポーツコメンテーターだけでなくタレントとしても活躍の場を広げているだけに、不倫の話がつきまとうのはイメージダウンにつながる」(テレビ関係者)という見方もある。

 決定的な現場を報じられても、不倫を認めず交際継続中の山尾志桜里今井絵理子の両議員とは対照的だが、認めるも貫くも「いざとなると女性は強い」ことを再認識する。

 むしろ、不倫でダメージが残るのは男性のほうかもしれない。かつて真田広之(58)も不倫で失墜しかけたことがあった。相手の葉月里緒奈(43)は発覚にも動じることなく、「好きになった人に家庭があっただけ」の名言を吐いた。その後、2人は破局。真田は手塚理美(57)から三くだり半を突き付けられ離婚。真田のダメージが懸念されたが、「スキャンダルも芸の肥やし」と発奮できるのも役者としの器量。真田は今秋の紫綬褒章に選ばれるまでの役者になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る