3000人動員遠く チケット売れない板野友美の悲しい現在地

公開日: 更新日:

 間もなく始まるライブツアーに向けての体力づくりか、真っ昼間の西麻布・南青山界隈で連日グレーと黒のツートンカラーのジャージーを着てウオーキングに励んでいるアーティストがいる。

 90度に曲げた両肘を交互に顔の横まで大きく振り上げ、足早に歩いていく。かなりのカロリー消費を狙ったウオーキング方法なのだろう。一心不乱に歩き続けている姿が何度も目撃されているこのアーティストは、元AKB48の板野友美(26)である。

 事務所関係者が嘆く。

「4月21日から全国5カ所のライブハウスで行われるツアーですが、実はチケットが全然売れていない。最終日の赤坂BLITZ以外は400~500人前後の小さなキャパのライブハウスなのですが、それでも埋まりません。本人はやる気でトレーニングも怠らないし、ライブのプロモーションで地方ラジオなどにもたくさん出演しているのですが、売れ行きが伸びなくて困っています」

 ツアー5カ所合計でわずか3000人ちょっとが動員できないとは……。いまだにミリオンセラーが続くAKB48の元メンバーとしては悲しいかぎりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る