平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

公開日:

 果たして、平成ラストの国民的音楽番組にふさわしい内容になるのだろうか――。14日に発表された第69回NHK紅白歌合戦の出場歌手発表会見。大晦日にNHKホールで歌う面々を見て不安を感じた視聴者は少なくないはずだ。

 たしかに例年以上にヒット曲に乏しい1年ではあった。会見に出席した初出場歌手の面々だけ見ても「U.S.A.」が大ヒットし16年ぶりの出場となるDA PUMPやジャニーズ事務所の新星King&Prince(通称・キンプリ)以外は小粒感が漂う。それでも、スーパー銭湯を巡業し知名度を上げた純烈はまだ納得がいく。

 しかし、会見は欠席したが、同局のサッカーW杯のテーマ曲を担った6人組のロックバンドSuchmos(サチモス)が初出場を果たす一方で、「Lemon」はじめ発表する曲がこぞってヒットチャートを賑わせ、出場が有力視されていた米津玄師(27)の名前もなければ、放送中の朝ドラ「まんぷく」の主題歌を歌うDREAMS COME TRUEも不出場。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る