貴乃花TVで“卒婚”語る 弟子の祝賀ムードぶち壊し周囲ア然

公開日:

 元貴乃花親方(46)の離婚が最初に報じられたのは、26日のニュース番組「news zero」(日本テレビ系列)だ。すると元貴乃花親方はその翌朝、同じく日本テレビ系列の情報番組「スッキリ」に出演し、離婚についてとうとうと語っていた。

 11月場所で元弟子の貴景勝が自身初の賜杯を手にしたばかり。26日は一夜明け会見が行われ、しばらくは祝賀ムードが続くと思われていた。が、元親方の離婚となれば、話題はそちらが優先になる。

 すでに相撲の話題は貴景勝そっちのけ、ほとんどのメディアは平成の大横綱の離婚問題にシフトしてしまった。

 ある親方は「いったい、貴乃花は何を考えているのか」と、こう話す。

「元弟子でも、弟子は弟子。自分が手塩にかけて育てた我が子も同然です。そんな“息子”が初優勝した直後に、自身の離婚が報じられた。師匠なら『タイミングを考えろ!』と、テレビ側に怒るのが筋じゃないですか。ウソでもいいから当面は『離婚なんてしてません』と言って、沈静化に努めるのが親心というもの。それを貴乃花は、あろうことか同じ系列局の番組に出演して、ペラペラとしゃべっていた。まるで元弟子の気持ちなんてどうでもいい、と言わんばかり。もしかしたら、最初からテレビ局と貴乃花の間で話ができていたんじゃないか」

 その貴乃花は「スッキリ」で、「離婚のことがこんなに大きくなるとは思わなかった」と、いけしゃあしゃあと語っていた。

 相撲協会を退職しても、自己中心的な性格は相変わらずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

もっと見る