髙橋隆
著者のコラム一覧
髙橋隆

1949年1月生まれ。学生時代に「走れコウタロー」で知られる「ソルティー・シュガー」の一員としてデビュー。大学卒業後はディレクターに転身し、ビクターエンタテインメントやテイチクエンタテインメントで数々のヒット曲を生み出す。代表作は「ダンシング・ヒーロー」「襟裳岬」「てんとう虫のサンバ」「白いギター」など。現在はフリーの音楽プロデューサー。

「卑弥呼」歌手以外日本人で作り上げた“なんちゃって洋楽”

公開日:  更新日:

パッショナータ(1979年)

 ユーロビートの「ダンシング・ヒーロー」が大ヒットする6年前。世の中は竹の子族、そしてディスコブームに沸いていました。

 新宿などに大箱のディスコがたくさんでき、週末になると「アラベスク」や「ジンギスカン」など西ドイツ出身のグループの曲で若者たちがフィーバー! 当時、ビクターの邦楽部門にいた私は、その盛り上がりを横目で見て「自分もやらない手はない」と思いましたね。それで世に送り出したのが「卑弥呼」という和製ディスコ曲です。

 歌手は「パッショナータ」というフィリピンの女性3人組。それ以外のスタッフは全員日本人でした。もちろん洋楽をイメージしてましたから、スタッフ名は全て英語風。例えば作詞の森雪之丞はジョー・レモン、作曲の川口真はマイケル・カーンといった具合です。要は“なんちゃって洋楽”なんですが、サウンドは真剣に作りましたよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る