髙橋隆
著者のコラム一覧
髙橋隆

1949年1月生まれ。学生時代に「走れコウタロー」で知られる「ソルティー・シュガー」の一員としてデビュー。大学卒業後はディレクターに転身し、ビクターエンタテインメントやテイチクエンタテインメントで数々のヒット曲を生み出す。代表作は「ダンシング・ヒーロー」「襟裳岬」「てんとう虫のサンバ」「白いギター」など。現在はフリーの音楽プロデューサー。

ダンシング・ヒーロー(後)タイトル案に思わず目が点…!

公開日:

荻野目洋子(1985年)

 原曲の「イート・ユー・アップ」を聴くなり「これいい! ぜひ歌わせて」と言ってきた当時の荻野目洋子のマネジャー兼社長の平(哲夫)さん。「じゃあ私が(ディレクター)やるから。その代わり一切任せて下さい」という条件で引き受けました。

 訳詞は“伊藤さやか”で一緒に組んでいた篠原仁志に依頼。アレンジは当時から有名だった馬飼野康二さんに頼みました。彼の自宅のホームスタジオに2人でこもり、3日かけてオケテープ(歌の入っていない伴奏だけの曲)を作成。ドラムやベースなどすべてのリズムセクションを一から打ち込んで……そりゃあ大変な作業でしたよ。

 出来上がったテープを持っていざスタジオへ。エレキギターとコーラス――コーラスは音大出のアシスタントに「予算ないからおまえやれよ」って(笑い)、低い声で歌わせ、後は機械で細工。だからスタジオミュージシャンを雇ったのはエレキギターだけだったんじゃないかな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る