木久蔵「ほめて下さい。僕はほめられて育つタイプなんで」

公開日: 更新日:

 私も演芸評論家として「木久蔵の息子」に注目していた。父親とはまた違った「坊ちゃんキャラ」で面白いと。

 1999年、二つ目に昇進。同じ落語家ジュニア仲間である林家いっ平(現三平)と2人で昇進披露の会を開いた。その夜遅く、会を見に行った私のところに木久蔵から電話があった。「今日は来ていただいてありがとうございました」まではよかったが、その後がふるっている。「今日の僕の落語、ほめて下さい」と言うのだ。普通は「いかがでしたか」と評を求めるものだが「ほめて下さい」とは驚いた。

「先生にほめてもらえば自信がつくと思って。僕はほめられて育つタイプなんで」

 私はきくお君のよかったところを懸命に思い出してほめてあげた。

「『疝気の虫』の虫がよかったってほめていただきました。うれしかったです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る