安室効果でJASRAC徴収額増も…実店舗経営からは“不満の声”

公開日: 更新日:

 日本音楽著作権協会(JASRAC)が2018年度の著作権料徴収額が1138億円に上り、史上2位となる見込みだと発表した。

 徴収額が増えた理由は、安室奈美恵(41)の引退ライブを収録したDVDの売り上げなどが大きな要因。また、ネットでダウンロードして聴く「インタラクティブ配信」による徴収が昨年比1・3倍にものぼり、スマートフォンのせいで“若者の音楽離れ”を嘆いていた一時期から盛り返した形となった。

 しかしながら、JASRACといえば音楽教室からの楽曲使用料の徴収で話題に。ネット上では「子供の音楽教育から印税を取るなんてアコギだ」という声が渦巻いていた。JASRACに問い合わせると「目的はあくまで作者たちへの分配です。現在係争中ですが、楽曲を使用して事業を行っているのだから、使用料を徴収するというスタンスは変わりません」(広報担当者)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る