気鋭の女優チェ・ヒソ語る “反日ではない”主演作への思い

公開日: 更新日:

 今週16日から公開となる映画「金子文子と朴烈」(イ・ジュンイク監督)で、朝鮮人の無政府主義者・朴烈の同志で妻の文子を演じているのがチェ・ヒソ(32)だ。「不逞社」の一員だった2人は関東大震災後の混乱中に大逆罪で検挙され、死刑判決を受けている。日韓関係がきしむ中で本作が公開されることについて、慎重に、そして、力強くこう語った。

「確かにシノプシス(あらすじ)を見たら“反日映画”と受け止められてしまうかもしれませんが、先入観に縛られず劇場に足を運んでほしい。映画を見ていただけたら反日でも親韓でもないことがお分かりいただけるはずです。朴烈は朝鮮人で、文子は日本人。彼らにとってはお互いの国籍はあまり重要ではなく、愛し合う同志として権力と戦った。そんな朝鮮人と日本人がいたことを知っていただきたいのです」

 通訳を介さず、流暢な日本語で意思を紡いでいく。銀行勤めの父親は転勤族で、小学生の5年間を大阪で過ごした。標準語は板についているものの、今でも関西を訪れると「『なんでやねん!』って大阪弁が出る」と、はにかむ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る