川栄李奈や杉咲花も ドラマ“掛け持ち”大量発生の裏事情

公開日: 更新日:

 1月スタートの冬ドラマも多くが後半戦を迎え、佳境に突入。ドラマを見ていて気付くのが、俳優の掛け持ちが多いことだ。

 一例を挙げると、川栄李奈(24)は「いだてん~東京オリムピック噺~」(NHK)と「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(日本テレビ系)、「デザイナー渋井直人の休日」(テレビ東京系)の3本に出演。永山絢斗(29)は「いだてん――」(NHK)と「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)。杉咲花(21)に至っては、「いだてん――」(NHK)に出演しながら、「ハケン占い師アタル」(テレビ朝日系)で主演を務めている。

 ドラマの掛け持ちといえば昨年、NHK朝ドラ「半分、青い。」と「義母と娘のブルース」(TBS系)に出演した佐藤健(29)を思い出す。佐藤は「半分――」では論理的思考の真面目な人を演じ、「義母――」ではいい加減なダメ男を演じた。全く正反対の役柄にネット上では「さすが」というコメントもあったが、「ギャップに戸惑う」という指摘もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る