菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

公開日: 更新日:

 1月スタートのGP帯連ドラは、日本テレビの「家売るオンナの逆襲」をはじめ、TBS、フジテレビもそれぞれ1作品ずつ初回視聴率12%超え。

「好調続きのテレビ朝日の“対抗馬”になり得るスタートダッシュを見せましたが、いずれもその後失速し、今のところ平均10~11%台。それぞれ番宣に工夫も凝らしているんですが、今後、大きく伸ばすのは難しいでしょう」(在京キー局関係者)

 そんな中、「3年A組~今から皆さんは、人質です」(日本テレビ=日曜夜10時30分)が5話平均で10・3%と健闘している。GP帯の連ドラ初主演という菅田将暉(25)が高校教師に扮し、卒業10日前の生徒たちを人質に学校に立てこもるという“衝撃的”学園ミステリーだ。

「リアルタイムの視聴率を稼ごうとすれば、どうしても分かりやすさや、1話ごとの爽快感を重んじるというのが今の連ドラの風潮です。数字の決め手となるのは、高齢者層。それを無視した作りの『3A』が健闘している意義は大きいと思います」と、テレビコラムニストの亀井徳明氏は話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る