てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

謙遜やグチ捨てアルコ&ピース平子はポジティブ見出す愛妻家

公開日: 更新日:

「昨日の真由美よりも今日の真由美の方が好きだし、明日はもっと好きになってる自信がある」(平子祐希/TBS「アカデミーナイトG」2月12日放送)

 愛妻家で知られるアルコ&ピースの平子祐希(40)。結婚して12年経った現在でも妻・真由美さんへの愛情は変わらない。そんな愛を語った言葉を今週は取り上げたい。

 変わらないどころか、ますます好きになっているというのだ。以前、テレビ用に過剰に表現しているんじゃないかと言われた際も「テレビ用にちょっと下げてます、むしろ」(テレビ東京「ざっくりハイタッチ」2014年11月22日)とまで言う。

 その愛情は「あまりにお互いを好きすぎて、そのうち2人急に爆発して死ぬんじゃないか」(朝日新聞「朝日新聞デジタル&M」17年4月28日)と不安を抱くほどで、「いってきます」のハグとキスが長くなりすぎて、予定の電車に乗り遅れてしまうこともしばしばだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  7. 7

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  8. 8

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  9. 9

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  10. 10

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る