てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

謙遜やグチ捨てアルコ&ピース平子はポジティブ見出す愛妻家

公開日: 更新日:

「昨日の真由美よりも今日の真由美の方が好きだし、明日はもっと好きになってる自信がある」(平子祐希/TBS「アカデミーナイトG」2月12日放送)

 愛妻家で知られるアルコ&ピースの平子祐希(40)。結婚して12年経った現在でも妻・真由美さんへの愛情は変わらない。そんな愛を語った言葉を今週は取り上げたい。

 変わらないどころか、ますます好きになっているというのだ。以前、テレビ用に過剰に表現しているんじゃないかと言われた際も「テレビ用にちょっと下げてます、むしろ」(テレビ東京「ざっくりハイタッチ」2014年11月22日)とまで言う。

 その愛情は「あまりにお互いを好きすぎて、そのうち2人急に爆発して死ぬんじゃないか」(朝日新聞「朝日新聞デジタル&M」17年4月28日)と不安を抱くほどで、「いってきます」のハグとキスが長くなりすぎて、予定の電車に乗り遅れてしまうこともしばしばだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  7. 7

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    かんぽ生命は前途多難 10.5営業再開もお詫び行脚で精一杯

もっと見る