てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

「恥」「できない」はナシ 朝日奈央を鍛えた厳しい教え

公開日: 更新日:

「このドッキリは、五塁打です」(朝日奈央/TBS「水曜日のダウンタウン」1月30日放送)

 いつも全力でやりきる姿勢で、いまやバラエティー番組に引っ張りだこの朝日奈央(24)。ドッキリのネタバラシで架空の番組を言われたら、つい知ったかぶりをしてしまうんじゃないかを検証する企画でも、全力で乗っかって知ったかぶりをしてしまう。さらに「このドッキリは何塁打だったでしょうか?」と判定を促されて答えた迷答が今週の言葉だ。番組企画だけでなく、野球のルールまで全力で知ったかぶりしたのだ。

 朝日はアイドルグループ「アイドリング!!!」の出身だが、もともとはモデル志望。小6のとき、10代前半女子向けの雑誌「ラブベリー」(徳間書店)のモデルオーディションに応募し合格したのが、芸能界入りのきっかけだった。事務所に入ると、アイドルグループのオーディションもあると聞かされ、行った先が「アイドリング!!!」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る