てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

「恥」「できない」はナシ 朝日奈央を鍛えた厳しい教え

公開日: 更新日:

「このドッキリは、五塁打です」(朝日奈央/TBS「水曜日のダウンタウン」1月30日放送)

 いつも全力でやりきる姿勢で、いまやバラエティー番組に引っ張りだこの朝日奈央(24)。ドッキリのネタバラシで架空の番組を言われたら、つい知ったかぶりをしてしまうんじゃないかを検証する企画でも、全力で乗っかって知ったかぶりをしてしまう。さらに「このドッキリは何塁打だったでしょうか?」と判定を促されて答えた迷答が今週の言葉だ。番組企画だけでなく、野球のルールまで全力で知ったかぶりしたのだ。

 朝日はアイドルグループ「アイドリング!!!」の出身だが、もともとはモデル志望。小6のとき、10代前半女子向けの雑誌「ラブベリー」(徳間書店)のモデルオーディションに応募し合格したのが、芸能界入りのきっかけだった。事務所に入ると、アイドルグループのオーディションもあると聞かされ、行った先が「アイドリング!!!」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る