猫ひろしは東京マラソン2時間半切り 五輪出場に意欲見せる

公開日: 更新日:

 タレントでマラソンのためにカンボジア国籍を取得している猫ひろし(41)が、3日に行われた「東京マラソン 2019」に出場。15年の同大会の自己ベスト2時間27分48秒には及ばなかったものの、降りしきる雨の中、2時間29分51秒(速報値)で完走した。

 猫は08年に東京マラソンに初出場。タイムは3時間48分57秒だった。カンボジア代表として挑んだ16年のリオ五輪は2時間45分55秒で、完走者140人中139位。猫は「雨の中、無事に走れました。6月のカンボジアのハーフマラソンで猫まっしぐらに走れるよう、また頑張りますにゃー! そして東京オリンピックを目指します」と意欲を見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

  9. 9

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  10. 10

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る