ひ弱すぎる日本人選手…マラソン海外勢は大雨極寒もケロリ

公開日: 更新日:

 スタート時の気温5.7度。冷たい雨が体温を奪う厳しい条件の中、男子優勝は2時間4分48秒のレゲセ(24=エチオピア)。女子もエチオピアのアガ(25)が2時間20分40秒で優勝。男子は4位まで、女子は6位までをアフリカ勢が占めた。

 一方、日本記録保持者の大迫傑(27)は寒さのため29キロ手前でまさかの棄権。35キロすぎまで日本勢トップの佐藤悠基(32)も後続に抜かれ16位。日本選手最高位は初マラソンの堀尾謙介(中大4年)が2時間10分21秒で5位。学生初の東京五輪マラソン代表選考会(MGC、9月15日)の切符を獲得した。6位今井正人(34)、7位藤川拓也(26)、8位神野大地(25)の3人もMGC出場権を得た。

 来年の東京五輪マラソンは猛暑の8月(女子2日、男子9日)に行われる。コースも今回とは異なり、37キロ以降にきつい坂が待ち受ける。厳寒の中で行われたこの日のレースとは条件はまったく異なる。だが、寒さに弱いといわれるアフリカ勢は男子のトップは2時間4分台、女子も2時間20分台の記録を出している。しかも彼らはゴール後に倒れ込む日本選手とは対照的に、皆ケロッとしていた。

 来年の五輪マラソンは猛暑を避けるためスタート時間が6時に繰り上がる見込みだが、酷暑でも、涼しくても、大雨が降ってもアフリカ勢の優勝は間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  7. 7

    19歳“金の卵”スチュワートはソフトBの熱意にほだされた

  8. 8

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  9. 9

    単身者は6割が「厳しい」と…年金生活で月5万円浮かすコツ

  10. 10

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る