てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

23歳差妻との遊びで鍛えた「Mr.シャチホコ」の成り切り芸

公開日: 更新日:

「(Mr.シャチホコがいると)なんか、ものすごいアタシ楽やわ」(和田アキ子/日本テレビ「ダウンタウンDX」2月21日放送)

◇  ◇  ◇

 昨年夏ごろから、和田アキ子の普段のトークのモノマネという、これまで誰もしてこなかったモノマネで大ブレークしたMr.シャチホコ(25)。本人からも公認され、この日も番組で共演。トーク中、「君は何をされてる方なの?」「それって何がおもろいの?」など、お決まりのフレーズを即座に言うシャチホコに、思わず和田が漏らした発言が今週の言葉だ。

 シャチホコがまだ25歳の芸歴4年目というのも驚きだが、和田アキ子のモノマネを始めたのが、昨年からだというから、さらに驚く。それまでは、Mr.Childrenの桜井和寿のモノマネを得意としていた。名前に「Mr.」がつくのはそのためだし、「シャチホコ」はミスチルの代表作「Tomorrow never knows」の仮タイトル「金のシャチホコ」から取ったものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る