勘九郎の“けなげ”を見る 低迷「いだてん」を楽しむヒント

公開日: 更新日:

「志ん生が2人いて、時代が交錯するのが分かりにくい」「合戦のない大河なんて大河じゃない」「たけしの滑舌が悪く、聞きづらい」……視聴者の声を集約するとこんな感じか。1ケタ続きの低視聴率にあえぐNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」。

 さすがにNHKもテコ入れを始め、3月3日放送の第9話では、「モテキ」などの深夜ドラマや映画「バクマン」などで監督・演出を務めてきた大根仁氏を起用。大河が外部から演出家を迎えるのは異例のことだが、第9話は9.7%、10日放送の第10話は8.7%だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 低視聴率ばかり話題になるが、もちろん、毎週楽しみにしている視聴者も少なくない。「私もそのひとり」と話すのは、年間300本の映画、演劇を見る映画・演劇ライターの辻則彦氏だ。

「金栗四三の真面目で一生懸命、けなげな様子はまさに勘九郎さんにぴったり。ハマり役ですよ」と、主演の中村勘九郎(37)が醸し出す〈けなげさ〉について、こう分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る