「いだてん」を参考に…熱血上司とチャラい部下の“接点”は

公開日: 更新日:

 オリンピックに出るぞ――。東京五輪を1年後に控え、出場選手やチームを決める戦いがヒートアップしている。テレビも同じで、NHKの大河ドラマが取り上げる「いだてん」は副題に「東京オリムピック噺(ばなし)」とあるように、1964年の東京五輪までの道のりを描く設定らしい。

 初回「夜明け前」の視聴率は15.5%で、ズッコケた「西郷どん」の初回をかろうじて0.1ポイント上回った。このまま“夜”が明けるのか、ちょっと心配な船出だったが、柔道の創始者嘉納治五郎がオリンピック委員に抜擢され、NHKのナレーションに「チャライ男」といわしめた「天狗倶楽部」なる若者たちを五輪に駆り出そうとする姿は、コミカルで笑えた。

 そういえば、昨年大ヒットしたドラマ「下町ロケット」の主人公も、町工場の社長。社員を引っ張って、大手財閥企業と渡り合うシーンに、留飲を下げた中高年も少なくなかったという。不眠不休で残業するより、定時帰宅が推奨される時代に人気ドラマのリーダーはなぜか熱い男だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る