「ミタゾノ」絶好調 TOKIO松岡は“脱アイドル”の超成功例

公開日: 更新日:

 TOKIOの松岡昌宏(42)主演の「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)が19日から3シーズン目を放映する。制作会見で松岡はミタゾノの女装姿で登場。高さ10メートルのテレビ朝日の窓清掃に挑戦するなど本作への意気込みを体当たりで見せた。

 今回はジャニーズ事務所の伊野尾慧(28)と川栄李奈(24)という2人の後輩を引き連れ、派遣先の隠された秘密を垣間見、依頼人の化けの皮をはがしていく。前作は深夜帯にもかかわらず、平均視聴率は、シーズン1が7・7%、シーズン2は6・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、高視聴率。シーズン3はオリコン「春ドラマ期待度ランキング」で1位を獲得し、安定した人気を誇っている。

 長瀬智也(40)と共にTOKIOのイケメンツートップだった松岡がまさかの女装でブレークとは驚きだが、今や「家政婦は見た!」の市原悦子(享年82)亡き後、テレ朝の看板“家政夫”である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る