「ミタゾノ」絶好調 TOKIO松岡は“脱アイドル”の超成功例

公開日: 更新日:

 TOKIOの松岡昌宏(42)主演の「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)が19日から3シーズン目を放映する。制作会見で松岡はミタゾノの女装姿で登場。高さ10メートルのテレビ朝日の窓清掃に挑戦するなど本作への意気込みを体当たりで見せた。

 今回はジャニーズ事務所の伊野尾慧(28)と川栄李奈(24)という2人の後輩を引き連れ、派遣先の隠された秘密を垣間見、依頼人の化けの皮をはがしていく。前作は深夜帯にもかかわらず、平均視聴率は、シーズン1が7・7%、シーズン2は6・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、高視聴率。シーズン3はオリコン「春ドラマ期待度ランキング」で1位を獲得し、安定した人気を誇っている。

 長瀬智也(40)と共にTOKIOのイケメンツートップだった松岡がまさかの女装でブレークとは驚きだが、今や「家政婦は見た!」の市原悦子(享年82)亡き後、テレ朝の看板“家政夫”である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  10. 10

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る