清水富美加 出家後初主演映画で“興収10億”のソロバン勘定

公開日: 更新日:

 21日発売の週刊文春が、宗教法人「幸福の科学」の創始者・大川隆法総裁の長男・宏洋氏と女優・清水富美加(24=千眼美子に改名)の“結婚騒動”について報じた。

 そんな清水は22日公開の映画「僕の彼女は魔法使い」で2017年の出家後“初主演”することでも注目されている。

「僕の彼女は――」は、白の魔法使い「風花」(清水)が、人々の幸せを奪い去る黒魔術の脅威から“愛の魔法”で世界を守る物語。風花は赤い糸で結ばれた運命の人「優一」(梅崎快人)を探し出し、時空を超えた戦いに立ち向かっていく。

■久々のスポットライト

 注目はイオンシネマやユナイテッド・シネマなど全国210館で公開される点だ。配給は日活。清水は過去にはNHK朝ドラ「まれ」や「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)などの人気ドラマに多数出演。出家後はお茶の間で見かける機会はめっきり減ってしまったが、久々に全国区でスポットライトを浴びることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る