三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

やっぱり落語家は貧乏?「二つ目」昇格後は試練がいっぱい

公開日: 更新日:

 どーも、埼玉ではそこそこ人気あるのに東京で独演会やるとお客が入らない三遊亭鬼丸です。今週末(14日)、浅草の蔵前警察署で一日署長を頼まれてるんですが、人は集まるのでしょうか、不安な日々を過ごしてます。

 さて先週は前座が意外と貧乏じゃない噺をしましたが、今回はだからといって裕福じゃない噺をしましょう。前座の頃は少ないながらも決まった給金をもらい先輩からの仕事があると言いましたが、その前座期間は4~5年で終わりを告げ二つ目という階級に昇進します。ここで環境が大きく変わるのは芸人としてほぼ一人前として扱われるということです。

 自分の名前で仕事を取ることを許され、商品として世に出なければなりません。卵から稚魚までは師匠の元で守られてましたが、いよいよ放流された状態とでも言いましょうか。となると生活がありますから落語の仕事だけではなく、司会に余興、賑やかし。南京玉すだれや百面相といった余芸を覚えるのもこの頃です。ギャラの交渉も自分でやるため、時には悪徳主催者に煮え湯を飲まされ、時にはもっと予算があったのかと安売りしたことにじだんだ踏んで悔しがるなんてことも。有り余る自由な時間に堕落をし落ちていくものも数知れず。真打ち昇進に向けネタの数を増やすために勉強会を始めるも集客に苦労し、50人収容の会場でお客が10人、そのうち血縁者が7人なんて悲劇も。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  3. 3

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  9. 9

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

  10. 10

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

もっと見る