三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

やっぱり落語家は貧乏?「二つ目」昇格後は試練がいっぱい

公開日: 更新日:

 どーも、埼玉ではそこそこ人気あるのに東京で独演会やるとお客が入らない三遊亭鬼丸です。今週末(14日)、浅草の蔵前警察署で一日署長を頼まれてるんですが、人は集まるのでしょうか、不安な日々を過ごしてます。

 さて先週は前座が意外と貧乏じゃない噺をしましたが、今回はだからといって裕福じゃない噺をしましょう。前座の頃は少ないながらも決まった給金をもらい先輩からの仕事があると言いましたが、その前座期間は4~5年で終わりを告げ二つ目という階級に昇進します。ここで環境が大きく変わるのは芸人としてほぼ一人前として扱われるということです。

 自分の名前で仕事を取ることを許され、商品として世に出なければなりません。卵から稚魚までは師匠の元で守られてましたが、いよいよ放流された状態とでも言いましょうか。となると生活がありますから落語の仕事だけではなく、司会に余興、賑やかし。南京玉すだれや百面相といった余芸を覚えるのもこの頃です。ギャラの交渉も自分でやるため、時には悪徳主催者に煮え湯を飲まされ、時にはもっと予算があったのかと安売りしたことにじだんだ踏んで悔しがるなんてことも。有り余る自由な時間に堕落をし落ちていくものも数知れず。真打ち昇進に向けネタの数を増やすために勉強会を始めるも集客に苦労し、50人収容の会場でお客が10人、そのうち血縁者が7人なんて悲劇も。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  4. 4

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る