松平健
著者のコラム一覧
松平健俳優

1953年11月、愛知県豊橋市生まれ。7人きょうだいの末っ子。78年、24歳の若さで「暴れん坊将軍」の主役を務める。2004年に「マツケンサンバⅡ」が大ブレークし、NHK紅白出場。新曲「マツケン・アスレチカ」(徳間ジャパン)を発表。

空いた時間は映画館へぶらり アル・パチーノが好きでした

公開日: 更新日:

 五十の手習いならぬ、定年後の手習いで、料理教室に通う男性が増えている。

 松平は若い頃から自炊ができた。16歳で役者を目指して上京。八百屋の住み込みを経て、寿司屋でも住み込みで働いた。仕事は、お茶くみや出前といった雑用ばかりだったが、目の前で大将の寿司の握り方や包丁の使い方を見て学んだという。

「今でも、たまに作ったりします。でも、凝った料理というのではなく、手軽にできる家庭料理です。今はナントカのモトといった便利なものがありますから、それをうまく使って調理しています」

 日常の食卓を飾るものだから、あまり華美にならず、食材もなるべく安いものを買い求める。

 外食に偏りがちな私生活だが、なるべく家庭料理を大事にしているようだ。

「10年くらい前までは築地にも買い物に行っていました。朝は混雑していますから、昼ぐらいに。買い物は普通に行きますよ。皆さんも品定めに夢中になっていますから、気付かれることはあまりありません。それにしても最近の築地の変わりようはすごい。昔は近所のサラリーマンが昼食がてら場内や場外の店に集まるくらいでしたが、今はすっかり観光地化していますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る