「流転の王妃」愛新覚羅浩が乗り越えた政略結婚の生き地獄

公開日: 更新日:

1960年 田中絹代監督

 女優の田中絹代は映画監督としても作品を残した。本作はその一本。満州国皇帝・愛新覚羅溥儀の弟・溥傑に嫁いだ嵯峨侯爵家の娘・浩(ひろ)がモデルだ。先日、DVDが発売された。

 1936年、菅原家の娘・竜子(京マチ子)は陸軍から皇帝・溥文の弟の溥哲(船越英二)との縁談を勧められる。傀儡(かいらい)国家・満州国との政略結婚ながら、竜子は溥哲の人柄にひかれて結婚。満州国の首都・新京で暮らすが、関東軍は竜子らを冷遇する。やがて戦局が悪化し、45年8月、ソ連が満州に侵攻。竜子は幼い娘・英生を連れて新京を脱出し、中国人民解放軍に拘束されるのだった……。

 前半は日本の皇族のしきたりや中国皇帝の文化を織り交ぜて関東軍が満州国を支配するさまを描く。竜子は良夫を得て幸せだ。後半では竜子たちは人民解放軍の手であちこちに移送される。アヘンに侵された皇后の世話をしながら広大な原野を歩き、時に罪人のように縛られて民衆から罵倒される。生き地獄の連続に、よく日本に帰れたものだと感心してしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る