てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

結婚でも…オードリー春日の怪物じみた「普通」のこだわり

公開日: 更新日:

「この先の普通の日を、一緒に普通に過ごしたいです」(春日俊彰/TBS「ニンゲン観察バラエティ『モニタリング』」4月18日放送)

 オードリーの春日俊彰(40)が交際していたクミさんへのプロポーズ直後に「ドッキリ」として登場するはずだった相方、若林正恭は出てくるときには既に鼻水を垂らして号泣。「変化することを嫌う人だからって知ってるからさ」と涙を拭った。そんな春日のプロポーズの一節が今週の言葉だ。

 そもそも春日とクミさんとの交際は、ファンの間ではよく知られた話だった。なぜなら、自身のラジオ番組「オードリーのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)などを中心に5年ほど前から「狙っているオンナ」としてエピソードトークにたびたび登場していたからだ。

 しかし、春日はかたくなに「彼女」や「付き合っている」というような表現はしてこなかった。それをファンは春日流の奇妙なこだわりのギャグのようなものとして受け止めていた。今年2月に彼女の存在が報じられたときも、「狙っているオンナとしか聞いていませんが……」(講談社「FRIDAY」19年2月15日号)と事務所がコメントを出すほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る