若林、バカリズム、ヒロシ…「こじらせ男子」はなぜ人気?

公開日:  更新日:

 今、芸能界で「こじらせ男子」が注目を浴びている。その代表格がオードリーの若林正恭(40)、バカリズム(42)、ヒロシ(46)である。マイペースで自虐的、斜に構えたコメントはボディーブローのようにじわじわ効く。草食男子で人見知り、女性に奥手という共通項もある。

 若林は、エッセー「ナナメの夕暮れ」(文芸春秋)を出版。「8月末に発売し1カ月弱で10万部を突破しました。順調に部数を伸ばしています」(文芸春秋宣伝担当)という。今年9月、交際していた南沢奈央(28)とは1年で破局。両事務所公認にもかかわらず、お泊まり報道もなく、熱愛期間があったのかすら疑われているこじらせぶりだ。

 バカリズムは、レギュラー11本、準レギュラー8本。OLになりすましてつづったブログ「架空OL日記」は書籍、ドラマ化され、12月からは「ZIP!」(日本テレビ系)内のショートドラマ「生田家の朝」の脚本も担当するなど超多忙。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る