井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

いじめられている子はどう書かれようとLINEは金輪際見るな

公開日: 更新日:

 昼下がり、東京駅までJR中央線の電車に乗ったらがくぜんとさせられた。車内、見渡す限りの乗客たちがスマホを睨んで、いじっていた。目の前の席の若いOLもスマホを一心不乱に睨みこんでいる。のぞくとよく分からないゲームに、女は無我夢中だった。文庫本でも読んでるなら、そのうつむいた顔を見てみたかったが、ゲーム女には何の興味もいかなかった。その隣に座る40男は金メダルでももらえそうな指さばきで、LINEに必死に格闘していた。そんなに急いで何か知らせなければならない相手なのかよ? オレは理解不能だった。さらに隣の女も口を真一文字にしてLINEの画面を見ながら、時折、ニタニタ笑っていた。昔、車内で平気で口紅を引きながら化粧する女子がいて、まだ人間らしくて愛らしく思えたが、ニタ女は気味悪かった。

 新聞や本を広げる人はいない。全員がスマホをいじっている。日本中の人間がスマホにとらわれている。そんなに四六時中、周りを気にかけていないと置いてきぼりにされるのか? 車窓から変わりゆく街の風景を眺める余裕のある人間は誰もいなかった。そんな無言の電車から降りたくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

もっと見る