大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

入場料金26年ぶり値上げで見える映画会社の“本音と建前”

公開日: 更新日:

 映画館の入場料金が、今月1日から上がった。シネコン中心であるが、一般料金の値上げは何と26年ぶりだ。地域によって据え置きのところもあり、興行各社まちまちの設定だが、大手のTOHOシネマズでは、全館で1800円が1900円になった。ただ大手のイオン系は、全館で当面値上げはないとしている。

 総じて割引料金も上がった。レディースデー、シニア、夫婦50、毎月1日のファーストデーは、1100円が1200円に。ただし、高校生、大学生料金などは足並みを揃えたかのように変えておらず、これは最近増えている若い客層の負担増を抑えたとみられる。

 1900円は確かに高いと感じる。これで「映画を見るのはやめるか、減らすか」という人もいようが、「待ってくれ」といいたい。

 とにかく、シネコン独自の会員制の利用も含めて、各種割引料金を細かくチェックして見ることをお勧めする。コンビニやスマホで購入できるムビチケ(1400円)という前売り券もある。「そんなの面倒だ」という人もいようが、「割引」と「面倒」を秤にかければ、「面倒」を克服するほうが得策だ。料金据え置きのシネコンを選択してもいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  8. 8

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る