大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

入場料金26年ぶり値上げで見える映画会社の“本音と建前”

公開日: 更新日:

 映画館の入場料金が、今月1日から上がった。シネコン中心であるが、一般料金の値上げは何と26年ぶりだ。地域によって据え置きのところもあり、興行各社まちまちの設定だが、大手のTOHOシネマズでは、全館で1800円が1900円になった。ただ大手のイオン系は、全館で当面値上げはないとしている。

 総じて割引料金も上がった。レディースデー、シニア、夫婦50、毎月1日のファーストデーは、1100円が1200円に。ただし、高校生、大学生料金などは足並みを揃えたかのように変えておらず、これは最近増えている若い客層の負担増を抑えたとみられる。

 1900円は確かに高いと感じる。これで「映画を見るのはやめるか、減らすか」という人もいようが、「待ってくれ」といいたい。

 とにかく、シネコン独自の会員制の利用も含めて、各種割引料金を細かくチェックして見ることをお勧めする。コンビニやスマホで購入できるムビチケ(1400円)という前売り券もある。「そんなの面倒だ」という人もいようが、「割引」と「面倒」を秤にかければ、「面倒」を克服するほうが得策だ。料金据え置きのシネコンを選択してもいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る