兜の重さは脱いだあとも余韻が続きました

公開日: 更新日:

山口県岩国市 錦帯橋編(3)

 錦帯橋の南側には、いまも町家の面影が残っています。江戸時代に岩国藩初代藩主の吉川広家が町割りをしたそうで、江戸時代(1850年ごろ)に建てられたとされる「本家松がね」(岩国市岩国1―7―3=9~17時)は趣があります。今回は、岩国城下町を堪能してきました。

「本家松がね」は、吉川公が諸大名への贈答品として使っていた鬢付け油「松金油」の製造販売を行っていたお店。建物は昭和初期に國安家の所有となり、2000年に「國安家住宅」として登録有形文化財になりました。現在は、岩国市観光交流所として、岩国の特産品の試食や販売なども行っています。ここでは、岩国藩鉄砲隊保存会が所有している甲冑を着て、記念写真が撮れる「甲冑体験」(1000円)があります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る