兜の重さは脱いだあとも余韻が続きました

公開日: 更新日:

山口県岩国市 錦帯橋編(3)

 錦帯橋の南側には、いまも町家の面影が残っています。江戸時代に岩国藩初代藩主の吉川広家が町割りをしたそうで、江戸時代(1850年ごろ)に建てられたとされる「本家松がね」(岩国市岩国1―7―3=9~17時)は趣があります。今回は、岩国城下町を堪能してきました。

「本家松がね」は、吉川公が諸大名への贈答品として使っていた鬢付け油「松金油」の製造販売を行っていたお店。建物は昭和初期に國安家の所有となり、2000年に「國安家住宅」として登録有形文化財になりました。現在は、岩国市観光交流所として、岩国の特産品の試食や販売なども行っています。ここでは、岩国藩鉄砲隊保存会が所有している甲冑を着て、記念写真が撮れる「甲冑体験」(1000円)があります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  10. 10

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

もっと見る