K・リーブス出演決定「マトリックス4」にのしかかる重圧

公開日: 更新日:

 あの衝撃からはや20年。1999年公開の大ヒット映画「マトリックス」のシリーズ4作目の製作が20日に発表された。

 主役のネオは、これまで同様、キアヌ・リーブス(54)が演じるなどと報じられ、前3部作のファンは大いに盛り上がっているが、その一方で、ネット上には〈すごく期待値が上がってしまうのが心配〉〈期待する半面、どうかなあ〉などと不安視する向きも。

「前3部作を監督したウォシャウスキー兄弟は、その後2人とも性転換して“ウォシャウスキ―姉妹”になっていますが、『マトリックス』以降はパッとせず、最大の話題は姉妹になったこと、なんてからかわれるほど存在感が薄くなっていました。ファンの不安も分からないでもない」(映画業界関係者)

 ウォシャウスキー姉妹の映画が最後に公開されたのは、2015年。映画批評家の前田有一氏も「マトリックスが公開された当時は、見たことがない撮影技法で『映像革命』と言われ、映画史に残る傑作を生み出した割には、最近忘れられがちになっていたのは確かです」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  6. 6

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  9. 9

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  10. 10

    徳井と田村の復帰成功の裏でツキにも見放された宮迫の悲哀

もっと見る