純烈“起死回生”の立役者 LiLiCoはアラフィフ婚のアイコン

公開日: 更新日:

 タレントのLiLiCo(48)が21日、都内で行われた化粧品ブランド「アーティストリー」の発表会に登場した。

 この日は、夫で純烈小田井涼平(48)とスウェーデン挙式後、初の公の場。「誓いの言葉の時、男性があれだけヒクヒク泣くのを初めて見ました」と語り、今日のメークについて小田井の反応を聞かれ「主人は夏のイベントで全然帰って来ません。でも、その方が会った時に燃えますから!」といつもの“肉食キャラ”で会場を笑わせた。

 LiLiCoといえば2017年に小田井と入籍、18年4月に公表。その12月には純烈が念願のNHK紅白に出場するも、年明けにメンバー・友井のスキャンダルと脱退騒動に見舞われた。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「LiLiCoさんは純烈“起死回生”の立役者。屈託のない明るさとストレートな語り口で純烈ファンに受け入れられ、友井さんのスキャンダルの際もファンの心を『残ったメンバーを支える』方向に大きく舵を切る下支えになりました。18歳で単身来日し、演歌歌手として地方営業もこなしたことのある彼女だからこそ“出過ぎず”“明るくパワフルに”絶妙なバランス感覚でご主人をサポートできている。LiLiCoさん自身も“純烈の妻”になったことで好感度を増し、今の2人は何をやっても追い風。まさに大正解の結婚でしょう」

 肌も艶やか、9キロのダイエットにも成功し、輝きを増すLiLiCo。来月末にはスタイルブックも出版するという。結婚にメリットを見いだせない非婚男女が増える中、「アラフィフ婚」を牽引するニューリーダーになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る