エルトン伝記映画「ロケットマン」が狙う2匹目のドジョウ

公開日: 更新日:

 DVD発売後も劇場上映が続く映画「ボヘミアン・ラプソディ」に続くヒットを期待される、エルトン・ジョンの伝記映画「ロケットマン」が23日から公開となる。ファンタジックなミュージカルシーンが売り物で、エルトン役として全シーン吹き替えなしで歌い上げた主演タロン・エガートンらの来日も話題となった。

 エルトン・ジョンといえば「キャンドル・イン・ザ・ウィンド~ダイアナ元英皇太子妃に捧ぐ」の3300万枚という、人類史上最も売れたシングル記録を持つ英国のアーティスト。私生活では同性婚を続け、エイズ患者救援など慈善家としても知られるが、同時に薬物中毒や数々の暴言・奇行でメディアを騒がせてきた。

 映画はそんなエルトン本人が製作総指揮を務めた自伝ドラマで、とくに波瀾万丈だったといわれるデビュー初期を中心に描かれる。その話題性について映画批評家の前田有一氏が語る

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る