応援上映も後押し「ボヘミアン・ラプソディ」快進撃のワケ

公開日:

 伝説のバンド、クイーンの伝記的映画「ボヘミアン・ラプソディ」が11月9日の公開以来、国内映画ランキングを快走。今、クイーンブームが再来している。公開から3日間で33.8万人を動員、興行収入4・8億円を記録。尻上がりに動員を伸ばしており、最終的には興収50億円突破も見えてきたというからスゴイ。

 都心のシネコンでは、応援上映(観客同士が一体となって歌うことを楽しむ観賞形態)は3日前にほぼ完売、高音質&画質のIMAXも満席回続出の盛況ぶり。観客も明らかにクイーンファンとわかるような人は減り、ごく一般的なファッションのアラフィフ世代や若者などが多く、裾野が広がっている。

 公開当初からこのブームを予測していた映画批評家の前田有一氏は「日本で誰もが知っているクイーンの楽曲に『メジャー路線の物語』『音声技術』『マイノリティー』という3要素が加わり、全世代で楽しめる構成になっています」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る