「大御所扱いされるってえのも考えもの。まず仕事が減る」

公開日: 更新日:

「談志一門の連中はずっとうちに出入りしてたからね。左談次、ぜん馬、龍志なんかよく来てたよ。兄さんが知らねえわけないんだ。きっと黙認してたんだろう。仲直りできなかったのは、俺も心残りだね」

 2010年、会長を退任するにあたって、後任に意中の落語家がいたらしい。

「実は春風亭小朝にやらせたかったんだ。協会全体の若返りの意味もあってな。ところが、小朝は会長職なんかに興味がなくて、やりたがってないようだ。それで、兄弟弟子の小三治に頼んだわけよ」

 その小三治も2014年に退任。後任に柳亭市馬(当時52歳)を指名し、若返りが実現した。その際、馬風は最高顧問になる。

「大御所扱いされるってえのも考えものだよ。まず仕事が減る。業界関係者や後輩連中が、ちょっとした仕事だと、『恐れ多くて最高顧問には頼みづらい』って遠慮しちゃうんだ。こっちはどんなとこでも気軽に出るのにさ。それで近ごろは寄席ばっかり。歩けるうちは出るつもりだよ。修業させてもらった恩返しと思ってな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    さざ波以上に「笑笑」が問題 高橋洋一氏は人としてダメだ

  4. 4

    蜜月関係から一転…西尾市長「スギ薬局」猛批判の裏事情

  5. 5

    前統幕長“ワクチン独断専行”に激怒!ポンコツ首相は猛省を

  6. 6

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  7. 7

    阪神エース西は体たらくいつまで?先発陣ボロボロ投壊寸前

  8. 8

    ぼったくり男爵が来日固執 小池女帝の五輪返上阻止を画策

  9. 9

    松坂桃李ピカ一のポンコツ男 地で行くダサさに∞の可能性

  10. 10

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

もっと見る