「大御所扱いされるってえのも考えもの。まず仕事が減る」

公開日: 更新日:

 馬風が仲たがいした立川談志と偶然会った場に私は居合わせた。某映画監督が演芸の本を刊行した際の出版記念パーティーの席で、ご両人が同じテーブルに座ったのだ。

 落語協会会長に就任したばかりの馬風は、「兄さん。このたび、あたしが協会を束ねることになりました」と挨拶した。しかし、談志はちょっとうなずいただけでそっぽを向いた。当時、立川流顧問の私は談志の隣にいたので、「馬風師匠が会長になったんです」と耳打ちすると、談志は、「トップに立ったということか。そりゃたいしたもんだ」と感慨深げに呟いたものだ。もちろん馬風に聞こえないように。

「そんなことがあったのか。あの兄さんの性格じゃ、面と向かって『おめでとう』とは言えなかったんだろうな」

 それでも馬風のことを認めていたのは確かで、本心では仲直りしたかったはず、と拝察する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る