保身からのパクリ横行 落ちるべくして落ちていくTVの傲慢

公開日: 更新日:

 テレビ離れが止まらないどころか、不快感すら持たれている。

 とくに嫌われているのが民放だ。まだるっこしい前置きで、いいところになるとCMへ行き、CM明けにまた同じ映像が繰り返される。どう考えたって、見てくれている人の時間を無駄にしている。視聴者をなめているといわれても仕方ないだろう。

 テレビから、ネットのユーチューブに視聴者が流れているのは、おもしろいところ、最も見たいものを短時間で見せてくれるからだ。ユーザビリティーの向上が進み、ひとつ動画を見ると、その関連の動画が次々と並び、見ていて飽きない。その意味でもテレビは時代と逆行している。

 こうした話を民放の制作スタッフとして、「おいしいところから流しちゃえば」と向けてみた。

「無理ですよ」というのが彼の答えだ。そういうことをして、スポンサーの機嫌を損ねたりしたら大変というのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る